◯ 宇宙の法則を味方につける!

スピリチュアルに逃げない 

〜「神は細部に宿る」〜
Photograph & Text by Miwa

miwa_feb

おととしから私の個人コンサルテーションを受けてくださっているお客さん(Wさん)が、こんなことをつぶやきました。

最近、予定を立てられないんです…

Wさんには特別支援学校に通う小学生のお子さんがいます。ある日の夕方、いつもはその時間に部屋を走り回っているお子さんが、珍しく昼寝をしたそうです。チャンス!お子さんが寝ている間に、先延ばしにしていた「来月の計画」を立てようと、Wさんは手帳を開きます…(Wさんは普段から計画を立てて着実に進むタイプです。)

しかし、全くやる気にならず、手帳を閉じて、おやつを食べながらぼーっとテレビを見て2時間過ごしたそうです(笑)。 Wさんはこう言います。「本当に、今のことや、良くても来週のことくらいしか考えられないんですよね。さらに不思議なのは、計画をやめたら子供の調子が良くなったことです」

Wさんは、お子さんと向き合う時間が増え、積み上がっていた課題をご主人とご協力して解決できるようになっています。

Wさんのように、人間は進化すると「今ここ」に意識が向くようになる、という説があります。ここ近年、同じように感じている方、いるかもしれませんね。

私自身も去年は、家族関係を中心に、身近で日常すぎるものごとに向き合ってきました。「向き合わされてきた」と言ったほうがいいかもしれません。明日のことなど想像できず、その日を、1時間を、1分ををこなすだけで精一杯だった日も。ここ10年で最高に地味でした。

そんななか、「はっ!」と気づく瞬間が何度もありました。稲妻に打たれたように。それは、本やセミナーで聞いて、「わかっている」つもりの言葉たち。でもわかってなどいなかった。

雪道をゆっくり進む。役所の書類を埋める。夫の話を丁寧に聞く。こぼしたコーヒー豆を拾う。引越しの荷物をほどく。日々の一歩一歩のなかに、「宇宙の真実」はありました。

だだっ広い畑を耕すような日々。いつ終わるんだ?と天を仰ぐ。

でもここで「スピリチャル」に逃げてはいけない、のだと学びました。スピリチャルでもいいんです。というか、人は誰もがスピリチャルですから!

だけど(ちょっと前の私のように)瞑想やアファメーションや妄想やヒーリングやタロットなどなどに隠れてはならない。それらのものが悪いのではありません。私も大好きです。ただ、現実を恐れて避けるための手段ではない。恐れはどこまでも姿を変えて、ついてくるからです。恐れに正面から踏み込んだとき、宇宙が広がります。

「神は細部に宿る」という言葉が好きです。せっかく地球に生まれたのだから、何気ない日々のことに隠れている美しさに、目を凝らしてみませんか。

back-issue

◯ 宇宙の法則を味方につける!

miwa_new_prof

Miwa / ライフスタイル・ブロガー、コンサルタント

「洋書ワークショップ」「Blissライフコーチング」「わくわく朝食会」主催。日本とカナダを拠点に活躍。
好きなコトやモノ…海、カフェ、ヨガ、本、旅、犬、ローリングストーンズ、ミスチル、Jack Johnson
Blog: miwatime.blog.fc2.com